生徒Nさん作品~香~

2017年10月02日




  


Posted by 太田 峡花 at 08:00Comments(0)

10月2日の記事

2017年10月02日










パッチワークのように作品を切り貼りして、完成作品のイメージへ近づけます。
如何でしょうか。
  


Posted by 太田 峡花 at 07:21Comments(0)

生徒練習作品 Iさん

2017年10月02日






半紙を4つに分けて、『いろは』を大きく書いて練習です。
腕を大きく動かして、広がりのある文字を書く感覚をつかみましょう!
  


Posted by 太田 峡花 at 07:08Comments(0)

生徒Nさん作品~影~

2017年10月02日





  


Posted by 太田 峡花 at 07:02Comments(0)

生徒Iさん作品~虹~

2017年10月02日





  


Posted by 太田 峡花 at 06:38Comments(0)

生徒作品 Nさん 瞬

2017年08月30日





  


Posted by 太田 峡花 at 08:00Comments(0)

生徒作品 Nさん 蛍

2017年08月30日





  


Posted by 太田 峡花 at 07:59Comments(0)

生徒作品 Iさん 沙

2017年08月30日



  


Posted by 太田 峡花 at 07:58Comments(0)

生徒作品 Iさん 花

2017年08月30日









私が東京に授賞式で出かけている間の夏休みの宿題作品です。
これからもう少し煮詰めて大きめの紙に仕上げていく方良いか、試作していきましょう。
  


Posted by 太田 峡花 at 07:55Comments(0)

生徒作品~遊~

2017年06月30日



もう少しで完成でしょうか
同じ文字を長い間何回も練習されて、とても感心しております
  


Posted by 太田 峡花 at 08:12Comments(0)

生徒作品~想~

2017年06月30日



初めから注意することもなく美しい線で書けました
若い子でして、想う人でもあるのでしょうか
  


Posted by 太田 峡花 at 08:02Comments(0)

講師作品~心~パート2

2017年06月21日



以前ご紹介した『心』の作品ですが、完成に向けてまだまだ練習中でございます。
筆匠が40年かかって集めた毛で造った筆で書いており、見る人によっては複雑な『心』と見えるかもしれません。
又は私が筆を使いこなせていないのか・・・
皆さまにはどのような『心』に見えますでしょうか。




  


Posted by 太田 峡花 at 06:06Comments(0)

生徒Iさん作品~瞳~

2017年06月02日

こちらの作品も美容室の雰囲気にぴったりだったので飾って頂きました。
クラシックな(古典的な)ものに新しい要素を取り入れたお店の雰囲気に私たちの書いている文字が通じる気がします。
これからも互いに刺激し合い、進歩していきたいものです。






美容室Wizz Classic
〒812-0054
福岡県福岡市東区馬出2丁目2−54
  


Posted by 太田 峡花 at 20:17Comments(0)

生徒Nさん作品~山笠~

2017年06月02日

友人の美容室に生徒さんの作品を飾って頂きました。
今回の文字は福岡の大イベント! 『山笠』です。
お祭り好きな福岡の皆さま、是非見に行かれて下さいね。
美容室のスタッフの方々も大盛り上がり中です!!








美容室Wizz Classic
〒812-0054
福岡県福岡市東区馬出2丁目2−54
  


Posted by 太田 峡花 at 10:14Comments(0)

講師作品~薔薇~

2017年05月30日



  


Posted by 太田 峡花 at 07:05Comments(0)

講師作品~心~

2017年05月30日



  


Posted by 太田 峡花 at 06:06Comments(0)

5月30日の記事

2017年05月30日



「う」と「本」の文字が上手く書けないという生徒さん





大きく書いて腕慣らしをしてみたり




良い線が書けるまで反復練習をしてみたり



色んな勉強法を試したお稽古でした


大きい字のうの時に陶器のようにハリが出て美しくなりましたね
  


Posted by 太田 峡花 at 05:08Comments(0)

Bourgeon -ブルジョン- 書道教室

2017年05月25日



福岡市城南区、福岡市中央区の書道教室のサイトです。

TEL・FAX:092-871-2299
kyoka_ota.0203@i.softbank.jp





教室情報ほか、デザイン書道作品・古典写生作品を紹介します。









  


Posted by 太田 峡花 at 21:53Comments(0)作品展

モンパルナス 太田峡花 書の個展への道のり   その2

2017年05月13日

私の人生の最大のイベントであるフランス パリの書の個展(昨秋10月25日)の開催にあわせ、個展の準備のために、一週間前に出発したのですが、その準備期間中の思いもよらない
ドタバタを綴りたいと思います。(モンパルナス 太田峡花 書の個展への道のり  その2)



あきれた修理屋
2016/10/19

 昨夜シャワーをした後に浴室から出ると、水がカーペットにしみ込んでいたicon108



このままだとオデッサのアパートをでる時、大変な支払いを請求されるだろうと思い、

(画廊並びにアパートの事などフランスで色々お世話になっている)武田氏にメールをすると



icon30明日午前中に修理屋を行かせるので、外出をしないように。との事でした。


明日は、和装で主だった人に御挨拶に行く予定をしていたのですが、午後からに変更してもらいました。








しかし、水道屋は待てど暮らせど来ない…icon196








12時30分まで待ち、来ないので挨拶しに出かけました。

フランス日本文化会館 エキスポジャパンなどをまわり、6時に帰り着きました。




10分後にベルもノックもなしに大男が黙って入ってきましたicon10

どうやら水道屋のようでしたが、「遅れてすみませんでした」の挨拶もなしicon77でとても驚きましたface08



帰りがけに、今から4時間はシャワーを使わない様にとの事icon108



「私予定がどんどん狂って来るicon59



武田氏に電話で

「大男の修理屋が、時間は遅れるわ、女性一人の部屋にノックもなしに入ってきたわicon59

私世界中泊まってもこういう体験初めてicon77アパートのオーナーに云っといて下さいicon67


すると、武田氏が云うには、

「フランスでは時間通り来ないのは日常茶飯事で、一日中来ない日もあるのですよ。」


といわれ、私はそんなフランス事情に憤慨icon59  私、予定が大幅に狂うicon59






両替機事件




 日本からメールで個展を案内して貰う方を紹介してもらうため、仏国 日本大使館 谷口 繁書記官と18日午後3時にアポをとっていたので2時頃にオデッサのアパートを出ました。



タクシーで日本大使館へと向かったが凱旋門より近くに大使館があるので、さしてタクシー代が足りなくなるなど思いもかけませんでした。



 前日荷物が出てきて(詳しくはその1をご覧下さい)ホッと一息つき心は和み、近くのレストランで武田氏と会食し、早くも二日にしてユーロは残り少なくなっていたのでしたicon11

 運転手さんに日本円で支払い駄目か尋ねても、駄目との事。


それで運転手さんは両替所を捜してくれ、クレジットカードを生まれて初めて両替機に入れたが、お金は出て来ず、運転手さんにしてもらったけど、それでも駄目で…




次に建物の外にある両替機の所に連れて行ってもらったけどお金は出ず、


ついにカードが両替機に呑まれてでてこない。


サー大変icon59


私はその両替機の置いてある(銀行らしき)建物の中に入り、中年の女性の係にカードの件を伝えると知らん振りしている。

私は怒って

「この建物の名と貴方の名をメモ紙に書け」と云って書かせた。
(両替機の場所が分かる様にしておかなければいけないので)



 運転手さんは次に人がいる両替所を捜して私を連れて行きました。手持ちの日本円とユーロをやっと交換できました。




やれやれで日本大使館へは3時15分頃に着きました。

約束の3時をまわっていたので先程外出されたとか。


以前、息子の友人が南アフリカでカード取られ百万円使われていたと言うことを思い出し、約束よりカードの方が心配。


大使館の方にカードの件を先程書かせたメモ紙を見せながら話すと

カード会社の電話番号を調べて、「ここにかけてくれ」と云われました。



そのまま帰ったが、落ち着いて電話をかけても携帯は圏外になってかからない。



次の日、大使館に行き

「ここへは私の携帯はかからないのでかけてください」

と言うと、そういう事はそちらでしてくださいとのこと。


私はまたカチンときて、



「あなた方大使館の方は日本人が1人で歩いていてバックをひったくられて、

そのバックに現金、パスポート、携帯など全部とられて大使館に駆け込まれた時は

電話はご自分たちの電話で処置されるんでしょうもんicon59

私もひとりで一昨日フランスに来て言葉もしゃべれないし、携帯も圏外しか出ないんですよ!」




と強く言うとやっと自分側の携帯でカード会社に取り次いでくれました。


一応カードは他の人には使えないようにしておきますとの事に一安心…。
 
  


Posted by 太田 峡花 at 15:40Comments(0)作品展つれづれ

Bourgeon -ブルジョン- 書道教室

2017年05月06日



福岡市城南区、福岡市中央区の書道教室のサイトです。

TEL・FAX:092-871-2299
kyoka_ota.0203@i.softbank.jp





教室情報ほか、デザイン書道作品・古典写生作品を紹介します。









  


Posted by 太田 峡花 at 08:12Comments(1)作品展